生活保護 FAQ – よくある質問【当事者が答える】【福祉】

生活保護FAQ 生活保護

生活保護に関するよくある質問 (FAQ)。

生活保護の申請編

生活に困って役所に生活保護の申請に行ったが「あなたはまだ頑張れるよ」などと言われて追い返された。

生活保護法では、個人から生活保護の申請があった場合は、行政は必ず申請を受理して保護の可否を検討しなければならないと定められています。だからこそ、申請者に申請そのものの提出を断念させるという、いわゆる「水際作戦」がいくつかの自治体で行われてきた実例があります。

生活保護法では以下のように定められています。以下の文を印刷するか、またはメモしてから福祉事務所に持参して、テーブルの上に置いて申請に望むことをお勧めします。

申請による保護の開始及び変更)
第二十四条 保護の実施機関は、保護の開始の申請があつたときは、保護の要否、種類、程度及び方法を決定し、申請者に対して書面をもつて、これを通知しなければならない。

(職権による保護の開始及び変更)
第二十五条 保護の実施機関は、要保護者が急迫した状況にあるときは、すみやかに、職権をもつて保護の種類、程度及び方法を決定し、保護を開始しなければならない。

E-GOV – 生活保護法

水際作戦でよく用いられる手段として、警察OBの「相談員」を窓口に配置して、生活保護の申請に来た人の最初の対応に当たらせ、ときに高圧的な物腰で迫り申請を断念させるという方法が報じられています。私自身もいくつかの役所の生活保護相談窓口(福祉事務所)で目にしたことがありますが、丸刈り、高身長、体重100キロ近くはあろう元柔道部か力士かのような体格のコワモテの男性がこの役割を担っていることが多いです。そういう光景を目にすると「ああ、この役所は水際作戦をやっているんだな」とわかります。

どうしても一人では言いくるめられてしまうという場合は、生活保護の申請の支援を行っている弁護士やNPO法人などを頼ることもできますが、基本的に生活保護の申請は、きちんと知識を身に着けた上で自分で行われることをお勧めします。その理由は、生活保護を受給すると、その後もさまざまな理不尽とも思える出来事に遭遇することが多く、そのたびに専門家を頼っていたのでは貴重な時間とお金の双方を失ってしまうからです。

住まい編

家賃の安い部屋に住むのはイヤだ。生活費を節約してでも上限以上の家賃の部屋に住むことはできないの?

できません。支給される生活保護費のうち、家賃は別枠になっており(生活扶助)、その上限が地域によって定められているためです。

生活保護を受けているが、現在よりも家賃の安い部屋に引っ越せばその分、生活費は増えるのか?

増えません。家賃の安い部屋に引っ越した場合、それ以降は新しい家賃の金額のみが支給されるようになるためです。

上限以上の家賃の家に住んでいるが生活保護を受けたい。どうしても引っ越さないといけないのか?そんな権限が行政にあるの?

憲法第22条では、個人の居住転居の自由を認めています。したがい、行政には個人に対して「ここに住んではいけない。あそこに引っ越せ」という権限はありません。しかし、特段の理由もなく上限以下の家賃の家に引っ越そとうとしない受給者への生活保護費の支給を打ち切る権利を行政は有している、ということです。

暮らし編

生活保護を受けているが、接骨院/整骨院で健康保険を使った治療は受けられる?

まず、生活保護受給者は健康保険に加入できませんので、健康保険を使って治療を受けることはできません。ですので、あくまでも生活保護費から接骨院/整骨院の治療費が支給されるかどうかが焦点ということになります。接骨院に関しては福祉事務所が認めれば可能ですが、多くのケースではまず、整形外科などの医師が「この患者には整形外科的治療よりも整骨院での治療のほうが適している」と証明する診断書が必要となるようです。なお、自費で治療を受けるなら個人の自由です。

仕事編

生活保護を受けているときにアルバイトをしてもいいの?

生活保護を受けながらアルバイトをしても問題はありませんが、得た収入は福祉事務所に報告する義務があります。これはウーバーイーツなどのギグワーク1と呼ばれる働き方や、ネットオークションやフリマなどでモノを売って利益を得た場合や、株式投資で得た収入なども同様に福祉事務所に報告が必要です。

報告せずに後から発覚した場合はさかのぼって生活保護費の返還を命じられますし、最悪の場合は不正受給として扱われてしまうこともあります。

生活保護を受けていても治験に参加できる?

生活保護受給者は国民健康保険に加入できませんので、健康保険に加入していることが条件の治験2に応募してもおそらく採用されません。

生活保護と健康保険については以下の記事も参照ください。

ケースワーカー編

ケースワーカーにひどい対応をされた。どこに苦情を言ったらいいの?

ケースワーカーの担当上司(スーパーバイザー)。あてにならないようなら役所の人事課に相談。深刻な人権侵害や違法行為、違憲行為の場合は弁護士に相談しましょう。別の記事の「法テラス」も参照のこと。

ケースワーカーと相性が合わないが、変えてもらうことはできないの?

合理的な理由があれば別の要員に交代される事例もあるようです。たとえば、ケースワーカーとの人間関係がうつ病などの精神的な問題の回復の妨げになっているなどです。ただ、多くの自治体では担当ケースワーカーはどのみち1年程度で交代することが多いようです。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活・文化ランキング
  1. 雇用契約を結ばない単発での働き方のことをいう。
  2. 新しい薬の臨床試験に被験者として参加すること。
タイトルとURLをコピーしました