生活保護にもボーナス?年に一度だけ多くもらえる12月 【冬季加算】【期末一時扶助費】

生活保護の冬季加算 生活保護

12月と言えばボーナスの季節ですね。私も勤め人をしていた時もありましたので、冬のボーナスといえばいろいろと思い出もあります。
今回の記事は、生活保護にもボーナスのようなものがあるというお話です。

期末一時扶助費 (きまついちじふじょひ)

これは期末一時扶助費と名付けられていて、年に一度、12月に、生活保護を受給している人に生活保護費とは別にお金が支給される制度です。私はこの制度について予備知識がなかったので、12月にいきなり普段より多い金額が支給されたので驚いた記憶があります。

期末一時扶助費の支給額については居住地と世態の人数により異なります。
以下は平成30年度の厚生労働省の資料からの引用です。

       世帯人員   
       1人       2人      3人
1級 地 ― 1  13,890円    22,650円    23,340円

出典:厚生労働省

年末から新年にかけていろいろと物入りになるから、それを補助するためのいわば(もち代)という位置けのようですが、なかなか行政も味なことをするなあと感心したものです。
勤め人のボーナスとは比べるべくもなく少ない金額かもしれませんが、常にギリギリの生活レベルで生きている生活保護受給者にとってはありがたい制度ですね。

冬季加算

さらに生活保護には、冬季の暖房代を賄うことを補助するための「冬季加算」という仕組みもあります。金額は居住地によって異なり、ざっくりいうと、北海道や東北など寒さの厳しい地域ほど金額は高く設定されています。さらにそうした寒い地域では支給される月も多くなっています。

Ⅰ 区 (10月 か ら 4 月 ま で )   5,790円
Ⅱ 区 (10月 か ら 4 月 ま で )    4,390円
Ⅲ 区 (11月 か ら 4 月 ま で )    4,180円
Ⅳ 区 (11月 か ら 4 月 ま で )    3,690円
Ⅴ 区 (11月 か ら 3 月 ま で )    2,850円
Ⅵ 区 (11月 か ら 3 月 ま で ) 2,010円

出典:厚生労働省

期末一時扶助費も冬季加算も特に申請しなくても支給される

行政のシステムというのはとかく、申請しないともらえない、したがって情報弱者にはサービスが行き渡らないといったマイナスのイメージを私は持っていますが、これら期末一時扶助費や冬季加算は特に申請などは必要なく支給されます

「夏季加算」はない

夏はエアコンを使うため電気代がかさみます。我慢していると熱中症の原因にもなりますね。しかし現状、夏の冷房費を考慮した手当は実施されていません。

熱中症死亡者数

環境省 「熱中症とは何か

環境省の統計によると、熱中症による死亡者の数は年々、右肩上がりで増え続けています。1993年以前には年平均で67人でしたが、2020年では1600人を超えています。生活保護にも夏季加算が必要であることを訴えていく必要があります。

おわりに

今回は生活保護受給者にとって命をつなぐボーナスともいえる期末一時扶助費と冬季加算について説明しました。
それでは今日はこの辺で。最後までお読みいただきありがとうございます。

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

生活・文化ランキング
タイトルとURLをコピーしました